Saturday, April 14, 2007

A conversation with “The Pitbull of Personal Development,” Larry Winget on HBR

Larry Winget という人のインタビューが Harvard Business Review 日本語版5月号に出ているそうだ。
この方の公式サイトはこちら。
スキンヘッドにサングラス、アロハシャツでHBRに登場。そりゃびっくりするわ。HBR online version は有料だが、記事の summary はここで読める。
日本語版で、
「業績が悪いのは、だれのせいでもない。お前ら自身の責任だ。お前らがそのような結果を招いたんだ。客が悪い、ウォルマートが悪い、景気が悪い、共和党が 悪い、民主党が悪い。いくらでも他人のせいにすればいい。いいか、これだけは言っておく。同じ業界のなかに成功している企業があるならば、そいつらにでき ることがお前らにできないわけがない」。
というのはこの部分ですね。
“Your poor business results are your own fault. You created them. You can blame the customer, Wal-Mart, the economy, the Republicans, the Democrats, whoever you want. But the bottom line is, somebody’s successful in your industry, and if they can do it, you can do it.”
俺の言ってることは abuse じゃなくて clear なんだ。相手に悪いところをはっきり言って不快な思いをさせて、いらつかせて、問題点をよく認識させる。そうすれば相手は真剣に聞いて考える。それが俺のやり方。ベストを尽くし、失敗に責任を持てる奴となら仲良くやれる。でも嘘つきや失敗を隠そうとする奴はごめんだ。

Summary にはこんな感じのことが書いてある。強面だけどサングラスを外せばとってもいい人そうですね。

No comments: