Monday, July 16, 2007

数学ガール (Mathematical Girls) 読了

話題の書、結城さんの数学ガールを読んだ。結城さんが目指した、最強の萌え。
ミルカさん、最高でしょう (そう、ミルカさん派です)。
軽く、空気のようなすがすがしさ。数学の、無限の美しさ、未知なる世界。とても楽しい。


一つだけほんの些細なことを。未習な高校生のために、a priori に given とするところは、webでも何でもいいからポインタを示したほうがよかったかも。(でも、この本を読んだ人なら自分で調べることでしょう。)
この本は絶対高校生に受けると思うなぁ。

弾さんのこの表現がとてもいい。
この「舌に神経を集中しないと味わえない」感こそ、本書の一番の魅力である。
幅広くお薦めできる本です。特に高校生、ぜひ読んでください。知らないことが多いというのは、これから知る楽しみを存分に味わえるということです。

No comments: