Saturday, April 28, 2007

フロリダまで、泳いで

先日、google transit 日本語版が公開された。
以前から公開されている google transit 英語版では有名なジョークがある。試しにLondonからNew Yorkへの道のりを検索してみよう。
ドーバー海峡を貫く英仏海峡トンネルを渡り、フランスへ入る。Le Havreという都市まで移動し、その後マップ上ではBostonまで直線が引いてある。
Le HavreからBostonまでどうやって移動するのか。37番を見て欲しい。
37. Swim across the Atlantic Ocean 3462 mi

from London to New York - Google Maps


3462milesは約5571km。これを泳げとのお達し。体を鍛えなければ・・・いや、無理だっつーの。

今度フロリダでARVOという学会があるので、つくば市からFort Lauderdaleまでの道案内をしてもらおうと思ったが、残念なことに日本国外への道案内についてはまだ未対応の模様。本来なら、つくばから東京湾に出てアメリカ西海岸の都市まで泳ぎ、大陸を横断してフロリダへ至る道のりが表示されるはずなのだ!
Googleには早々に実装して頂きたく。

Sunday, April 22, 2007

Eric Schmidt at the Web 2.0 Expo

Google CEO, Eric Schmidt への John Battelle によるインタビューがYouTubeに上がっています。
(via Google Blogscoped via Google Operating System)



最近噂になっていたGoogle版Powerpointと、現在のdocs and spreadsheetsを合わせると、当然MS Office の主力ソフトとバッティングする。Eric Schmidtは競合しないと言うが、詰め寄るJohn Battelle (笑)。Doubleclick acquisition についてもいくつか質問するが、当たり障りのない答え。他にもViacomがYouTubeを訴えた件やGoogle Appsなど。これも当たり障りなく。John Battelle はプライバシーの問題に関心があるようで、Eric Schmidt から何度か考えを聞き出そうとしています。まあ、決定的な解決策はないようで、順当にできることをやって信頼を積み上げていくつもりのようです。Eric Schmidt が今興味あるのは、mobileとlocal contentsへの広告だそうです(mobileは既に噂が流れていますね)。毎朝最初にやるのはメールを開くことだと(もっと面白いことやってよ!)。最後にJohn Battelle が "Apple has an office suite." と詰め寄りますが・・・笑。

Saturday, April 21, 2007

Steve Stevens, Flamenco A Go-Go

ギタリスト Steve Stevens はセッションミュージシャンとしての活動が主だが(要するに上手い)、その彼が出したソロアルバム。

Flamenco A Go-Go
Steve Stevens
B00004NHAB


小刻みよいラテンサウンドが特徴。ぜひクォリティの高いオーディオで。ディテールが聞こえるとより楽しめます。
Review はこちら。

Friday, April 20, 2007

My social bookmark

My social bookmark is here.
Anybody can track my favorites. The RSS feed is also available.

Sunday, April 15, 2007

2017年、googleがインターネットを買収

先日 google が doubleclick を31億ドルで買収するというニュースがありました(Wall street journal の記事)。Googleはどこまで巨大化するのでしょうか。Google blogscoped に、Google がついに "the Internet" を買収するという記事がありました。2017年のことです。
その額なんと$2,455.5 billion、しかもキャッシュ。
During the past two decades, Google had acquired YouTube for $1.65, DoubleClick for $3.1 billion, AOL for $12.5 billion, and last year, Microsoft for the record sum of $120 billion.
どうやらその頃にはAOLやMicrosoftもgoogleに買収されてしまっているようです。
Eric Schmidt announced immediate plans to redirect Yahoo.com to Google’s own search engine.
YST消滅のお知らせ。

しかしこうなってくるとgoogleが文字通り "全ての" ネット上のトラフィックを牛耳るわけで、プライバシーや情報漏洩の問題が気になります。
“[the] main privacy issues for users today are data leaks to third parties. By eliminating all third parties, we closed this hole.”
凄いです。力技です。
Eric Schmidt adds that Google intends to replace their current privacy policy with a “privacy scale” which better balances necessary compromises. “When you can improve the privacy of a large group of people by violating the privacy rights of a small number of people, in the end this improves overall privacy.”
最終的にはgoogleが管理するから大丈夫ってことでしょうか。一人一人のプライバシーなんてもはやどうでもいいことなんだよ、ってなんかとってもgoogle的な発想です。最終的には守られるんだし、色々いいこといっぱいあるし、その方がいいですよね!

現在でも gmail を使っているとメールの内容にジャストミートした広告が脇に表示されることがあり、いつの間にか自分の情報を支配されているという状況に驚かずにはいられません。Google の愚直なまでに "地球上の全ての情報を検索可能にする" という思想には共感するのですが、果たしてその未来に待ち受けているものは何なのか。Google という "神" の存在感は増すばかりです。

Saturday, April 14, 2007

眠れるCD、"Dreams"

スリープクリニック調布の遠藤拓郎とヴァイオリニスト古澤巌 監修のオムニバスアルバム。最初の12曲に対して約170回の睡眠実験を行い、3曲(1~3、4~6、7~8曲目でセットになっている)で眠りにつけるとのこと。残りの2曲は、古澤巌による"リラクゼーション・ボーナス・トラック" となっている。ライナーノーツでは全ての曲について元のアルバムが紹介されている。

DREAMS
オムニバス チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 神山純一
B000MTFDJ2


確かに聴くととてもリラックスできる。音質もよく、まさにストレスフリー。中でも際立つのは葉加瀬太郎のヴァイオリン。ちゃんと聴いたのは初めてなのだけど、このヴァイオリンは凄い。ちょっとまた今度彼のアルバムをいくつか買ってこようと思う。ちなみにこのCDは葉加瀬太郎の設立したレーベル、HATS から出ている。誰にでも薦められる一枚。

A conversation with “The Pitbull of Personal Development,” Larry Winget on HBR

Larry Winget という人のインタビューが Harvard Business Review 日本語版5月号に出ているそうだ。
この方の公式サイトはこちら。
スキンヘッドにサングラス、アロハシャツでHBRに登場。そりゃびっくりするわ。HBR online version は有料だが、記事の summary はここで読める。
日本語版で、
「業績が悪いのは、だれのせいでもない。お前ら自身の責任だ。お前らがそのような結果を招いたんだ。客が悪い、ウォルマートが悪い、景気が悪い、共和党が 悪い、民主党が悪い。いくらでも他人のせいにすればいい。いいか、これだけは言っておく。同じ業界のなかに成功している企業があるならば、そいつらにでき ることがお前らにできないわけがない」。
というのはこの部分ですね。
“Your poor business results are your own fault. You created them. You can blame the customer, Wal-Mart, the economy, the Republicans, the Democrats, whoever you want. But the bottom line is, somebody’s successful in your industry, and if they can do it, you can do it.”
俺の言ってることは abuse じゃなくて clear なんだ。相手に悪いところをはっきり言って不快な思いをさせて、いらつかせて、問題点をよく認識させる。そうすれば相手は真剣に聞いて考える。それが俺のやり方。ベストを尽くし、失敗に責任を持てる奴となら仲良くやれる。でも嘘つきや失敗を隠そうとする奴はごめんだ。

Summary にはこんな感じのことが書いてある。強面だけどサングラスを外せばとってもいい人そうですね。

Wednesday, April 11, 2007

常陽銀行のオンラインバンキング

茨城県民にとって常陽銀行は日常生活に必要不可欠な存在である。財務が健全というのも信頼される一つの理由である。そんな地銀の鏡(?)、常陽銀行がオンラインバンキングサービスを行っているというのはこの記事を読むまで全然知らなかった。
そのオンラインバンキングのドメインが、chance.co.jp といういかにも怪しげで常陽銀行のドメインとは異なるものであることに高木氏は失望している。常陽銀行のサイトのリンクから飛ばされれば、まあ普通の人はドメインが何であれ深く考えずに信用するだろうと思う。問題は、銀行ですらこんなことをやっているので我々一般人がそういった細かいところを無視するようになるということだろう。例えば、論文のpay per viewの支払いなんか、全く違うドメインに飛ばされることがあり結構ずさんな印象がある(何度か本気でphishing siteか?と疑ったことがある)。セキュリティ専門家として適切なセキュリティ対策を啓蒙し、時に読者を釣りまくって楽しい記事を書いてくれる高木氏に今後も期待しています。

その常陽銀行のオンラインサービスなのだが、かなり便利そうである。
とくに次の点。
(2) 預金残高・入出金明細の24時間リアルタイム照会や定期預金の残高・明細照会が可能になります(ネットアクセス・モバイルアクセス)
(3) 新たに外貨預金(米ドルとユーロ)の取引ができるようになります(ネットアクセス)
これはぜひ入ってみたい。ただ、メインの口座でやるからにはセキュリティに相当注意を払わなければいけないな。

Saturday, April 7, 2007

Office 2007

Office 2007 の解説記事がMycomに出ていた。
以前から気になっていたのは、Office 2003までのバイナリ形式とOffice 2007で導入されたOpen XML形式の扱いだ。これからOfficeを買う機会があったときにどちらを購入しておけばいいのかが気になっていた。
2007 Office Systemの大きな変革点の2つ目がOpenXMLだ。OpenXMLは、マイクロソフトが開発した新しいファイルフォーマットで、Word / Excel / PowerPointで採用されている。

このファイルフォーマットで保存すると、それぞれの拡張子の最後に「x」が付与され、Wordであれば「.docx」、Excelであれば「.xlsx」、PowerPointであれば「.pptx」になる。従来の保存形式とは互換性はないが、保存時にたとえば[Word 97-2003文書]での保存を選択すれば旧形式で保存できる。逆に旧形式のファイルは、2007 Office System上でも問題なく読み書きできる。
ふーん。拡張子変えたんだ。これからxのついたファイルが流通するようになると、Office 2007 を導入せざるを得ないということか・・・。
と思ったら、こんなのがあるのですか。
さらに、OOoのODFとの親和性を高めるプロジェクトも進行しているようだ。
マイクロソフトと協業したNovellは、オープンソースのオフィススイート「OpenOffice.org」向けに、OpenXMLファイルの読み書きを可能にするアドイン「OpenOffice.org OpenXML Translator」を提供。さらに、Word XP / 2003 / 2007でOpenOffice.org標準ファイルフォーマット「Open Document Format(ODF)」を読み書きできるようにする「OpenXML/ODF Translator Add-in for Office」もリリースされた。OpenXML/ODF Translatorは、現在正式版はWordのみの対応だが、記事執筆時点でExcel向けのベータ版の提供も開始されている。
普段使うのはPowerpointなので、その変更点が気になる。特に動画周り。デザインに関してはSmartArtという機能でようやく少しはお洒落な図が描けるようになったようだ。
他にも、Excelとの連携の強化、貼り付けた画像の調整・トリミングなど、色々強化されているようだ。
アニメーションについての記述は、よくわからん。使ってみないことには。
ワードアート。これは使えるかも。見た目は重要です。
[Officeボタン]→[配布準備]→[互換性チェック] で、Office 2007のみの機能を使っていないかチェックできる。まあ、色々やってたら非互換性は避けられないから、他のマシンでプレゼンしなきゃいけないときはViewer使うしかないだろう。
Office 2003のPresentation pack機能は2007にあるのだろうか。2003のときはPowerpointがインストールされていなくてもこれ単体で実行可能だったのだが、2007はどうか。

ま、慌てて2007に移行する必要はないけど、次に買うんだったら2007で問題なさそう。しかし、画面がXGAのノートだと2003でもきつかった表示がリボンUIのおかげでさらにきつくなるな。やっぱモバイルノートでもSXGA以上欲しいところ。

Monday, April 2, 2007

1TB HDD 登場

フロッピー728,000枚分、Jaz 1,000枚分!!
わかんねー!!
1,500 hours 30,000 songs, cool perpendicular magnetic recording!
・・・でもHGSTの3.5inchは買わない。
もはやHDDのバックアップを取れる媒体がHDDしかなくなってきていますが、
そろそろ 一般向けのPCでもミラーを標準に する動きが出てきても
良さそうなものです。(・ω・)
大賛成!!