Wednesday, July 30, 2008

Windowsのメモリ制限とその背景

Windows Internalsの著者の一人でありMSのtechnical fellowであるMark Russinovich氏のブログに、興味深いエントリが出ていました。
現在の各種Windowsの利用可能メモリの制限がどのようにして決められたのか、直接関わった立場から明快に述べられています。32bit WinXPがPAEで36bit addressingをenableしなかった理由は、ドライバがタコばっかりだったからだそうな。無保証でもいいからオプションで可能にしといてくれれ ば面白かったのになぁ・・・。

で、64bit Win鯖2k8 Datacenter の最大値は2TBとなっているのですが、これは現在入手可能なPCでテストできた最大のメモリ量で決めたそうです。タスクマネージャのスクリーンショットに、Itanium 2の64コアが見えます。64コアというだけだったら、Infiniband接続されたOpteronで見たことがある気がしますが、こいつのメモリ量に注目。

2TBです。2TB。

NUMAとはいえ、2TBがフラットに見えるとは、なんというモンスターマシン。これはHPのSuperdome
だそうで。

今後氏のブログではWindowsが扱えるリソースとその制限、未来について語ってくれるそうで、ハード屋さん・ソフト屋さん共に要注目です。

No comments: